2017年8月1日火曜日

八甲田の土建業のお兄さんたち


今から35年ほど前のことである。八甲田山麓の蔦温泉というところに仕事で1ヶ月ほど滞在した。土建屋のお兄さんたちも一緒である。というよりは、トンネル修復に来た土建屋のお兄さんたちの宿泊所にお世話になっているのであった。私はトンネル内の地質調査の仕事であるから全く関係がないわけでもない。

3月頃の話である。八甲田は真冬である。私の住んでいる兵庫県の東播地方では土筆が出始める頃である。しかし、八甲田は冬である。平均気温がマイナス10℃の季節である。私はマイナス10℃など体験したことの寒さである。私たちはトンネル内で仕事をするのだが、トンネル内は風通りが非常に良い。気温もトンネル内はぐっと下がる。マイナス15℃~マイナス20℃になる。私にとっては想像を絶する寒さである。土建屋のお兄さんたちは我慢強い。
蔦温泉

土建屋のお兄さんたちは「おしん」が好きである。朝も昼も「おしん」を見る。それから、みんなで次の回の予想をする。次の回と言っても翌日である。翌日の「おしん」を見て一喜一憂する。「やはり俺の思った通りだった」「くそ。そうだったのか」など面白いひとときである。

土建屋のお兄さんたちは温泉が好きである。必ず昼と夜は温泉に入る。もっと温泉好きなお兄さんたちは朝・昼・夜の1日3回風呂に入っている。蔦温泉は自噴している天然温泉である。天然の浴槽と過熱の浴槽があるが、私は加熱浴槽より天然浴槽の方が好きであった。土建屋のお兄さんたちはみんな加熱浴槽に入る。天然浴槽はいつも私一人だ。足元の岩盤から湯がブクブクと沸いているのだ。但し、天然浴槽は雪が降りこむ。更衣室に雪が積もっていることもあった。さすがに浴槽では雪は溶けていたが、すこしぬるい。一度浸かると上れなくなるほどである。

土建屋のお兄さんたちは、麻雀トランプなどのギャンブルが好きである。仕事柄非常に強気である。しかし弱い。強気一辺倒なので読みやすく、だから逆手を取りやすい。強気であるので負けても突っかかってくる。3日か4日に一度負けておけば、機嫌が良くなる。非常に戦いやすい人たちである。別の言い方をすればカモである。

土建屋のお兄さんたちのおかげで退屈せずに過ごすことができた。1ヶ月ほど蔦温泉に泊まったが、なかなかいいところであった。機会があればもう一度行ってみたいものである。


0 件のコメント:

コメントを投稿